H.U.グループについて

知的財産活動

知的財産活動基本方針

H.U.グループは、知的財産を事業における大きな柱と考えており、従業員が新たな知的財産を創出できる体制を構築しています。生み出された知的財産を適切に保護しグループとして活用することにより事業の持続的な競争力を確保するとともに、知的財産を媒体とした共創を推進しヘルスケアの発展に貢献することを目指します。

知的財産活動に関する体制

国内外のグループ会社の知的財産を集中的に管理し、H.U.グループにおける知的財産活用の最大化および関連リスクの最小化に努めています。また、知的財産戦略会議を定期的に開催し、知的財産ポートフォリオの見直しを行っています。

H.U.グループの知財・無形資産

H.U.グループでは、特許、商標等に加え、下記知財・無形資産を有しています。

知財・無形資産活用によるH.U.グループの価値創造ストーリー

知財・無形資産を活用し、検査の早期開発、開発評価、承認取得をグループ一体化で進めることで、新規臨床検査を早期実用化しています。また、国内IVD製品の採用実績をもとにした信頼性と評価を活用したCDMO事業の強化、拡大を図ります。

IVD事業における重点施策
アルツハイマー関連検査上市済み項目数(累積) CDMO受託項目数(累積)
2021年度 7 47
2020年度 4 42
2019年度 4 17

H.U.グループの事業展開と知的財産活動

各事業分野の特許出願に加えて、H.U.グループの事業展開をサポートする特許出願(AI/IoT関連)にも取り組んでいます。

特許出願数
2021年度 25件(6件)
2020年度 33件(7件)
2019年度 44件(18件)
2018年度 20件(6件)

(カッコ内 AI/IoT特許出願数)2022年4月1日時点

学術発表

オープンイノベーション

オープンイノベーションを通じて、20を超える外部機関と共同研究を進めています。
また当社の海外拠点も含め、グローバルで研究開発を進めています。

知的財産創出に向けた取り組み

知財教育

知的財産は事業の競争力の源泉として、そしてグループ内外の企業・機関との協業を推進していくために、戦略的に生み出していく必要があります。そのため、H.U.グループでは研究者等を対象に、レベルに応じた社内知財研修の実施や外部講師による知財セミナーを開催しています。

従業員に対する知財報奨

H.U.グループでは従業員が創出した知的財産に対して、知的財産権法における職務発明の規定に従い、適正な報奨制度を定めています。また、特に事業に貢献した知的財産を創出した従業員には追加の報奨も行います。特に出願数の多い発明者は、社内に名前を掲示し栄誉を称えています。

他社知的財産権の尊重

H.U.グループでは、研究・開発の企画から製品・サービス発売までの各段階において他社知的財産権を調査し、自社製品・サービスが第三者の正当な知的財産権を侵害しないよう注意を払っています。

H.U.グループのブランド