サステナビリティ

グループ各社の活動

本ページでは、H.U.グループホールディングス、富士レビオ、エスアールエル、H.U.フロンティアの各社における健康経営の活動について紹介しています。

次の体制図のもと関係主体が一丸となって健康経営を推進しています。

体制図

健康を志向する企業として、常日頃より従業員の健康に目を配り、その変化に対し適切な対応を行う体制、仕組みを構築し、運用していく必要があると考えています。

また、従業員自身にも自身の思い描く将来のキャリアを実現するために、自身の健康状態に関心を持ち自己管理していくことが求められ、当社ではそのための動機付け及び支援を行っています。

従業員自らが健康でいきいきと安心して快適に働ける職場環境づくりを推進しています。

戦略マップ

従業員に対して、動画やe-learningを用いた教育を毎年実施。また、メンタルヘルスケアの資料を作成、イントラネットにも掲載しています。

メンタルヘルスケアの促進

個人結果に加え、組織分析などから現状を把握し対策を講じています。また、高ストレス者には個別面談を実施し、早期にケアできるように取り組んでいます。
(2021年度高ストレス者 19%)

ストレスチェックに対する取り組み

ストレスチェックの集団分析において、総合健康リスクの高い部署に対し、医師による部署全員面談及び管理職に対し自部署の分析結果検証を含むラインケア研修を行っています。本施策には年間約900万円を投資し、職場環境改善に取り組んでいます。

ストレスチェック集団分析高リスク部署に対する取り組み

定期健康診断の受診率向上に加え、健康保険組合を通じて、様々ながん検診を実施し、早期発見によりがんの健康リスク低減にも取り組んでいます。
(2021年度精密検査受診率 精密検査対象の内、15.0%が受診)

健康診断に関わる取り組み

  • 健康保険組合との協議から医療費増加の観点より、重症化するリスクが高い従業員(生活習慣病重症者)への重点的な対応が必要となったため。
  • ストレスチェック集団分析結果において、総合健康リスクが全国平均より2割以上高い部署(総合健康リスク120以上)が多数あることが明らかとなり、メンタルヘルス不調等のストレス関連疾患の発生予防・早期発見が課題となったため。

健康診断に関わる取り組み

健康保険組合と共同開催するウォーキングイベント等を通して、ウォーキングという気軽に始められる運動をきっかけに、従業員の運動習慣の改善を目指しています。
このような活動を通して、2021年よりスポーツ庁「FUN+WALK」に参加、及び「Sport in Lifeコンソーシアム」の認定を取得。2022年には「スポーツエールカンパニー」の認定も取得しました。

下記のイベントへの参加、及び開催をしております。
春:経済産業省、スポーツ庁後援の「さつきラン&ウォーク企業対抗戦」へ参加し、884社中232位の成績でした。
本イベントには214名の従業員が参加しました。
秋:H.U.グループ健康保険組合と合同で10月1日~11月29日までのウォーキングイベントを開催しております。
本施策には年間約56万円を投資し、従業員の運動習慣サポートを行っています。

イントラネット上に産業医や社外の相談窓口を掲載し、誰でも気軽に相談できる場を提供しています。
また、外部相談窓口を用意し、匿名でのメール相談なども受け付けています。

健康相談窓口の活用

グループ会社のH.U.ウェルネスが運営する「いつでもウェルネス オンラインショップ」から常時、家庭常備薬が割引価格で購入できます。

家庭常備薬の斡旋割引販売

ハイリスク者(基礎疾患があるもの)に対する保健指導継続率の向上に取り組み、2021年度は対象者456人中36人が参加しました。
36名の参加者のうち、21名が継続治療となっています。
(参考 2020年は対象者451人中74人が参加。35名が治療継続となっています)

2022年10月に行った健康経営についての社内アンケート結果は下記の通りでした。

健康経営の各施策に対して

満足している 76%
満足していない 24%

となりました。

満足していない方へ、改善を希望するコンテンツについてのアンケート結果は以下となります。

食生活 29%
メンタルヘルスケア 31%
運動習慣 22%
禁煙 5%
その他 13%

上記アンケート結果をもとに、引き続き施策の改善を図っていきます。

健康経営については、各施策、社内HP、社内メールマガジンなどでの啓蒙や、動画を使ったE-ラーニングでのヘルスリテラシー向上を図っており、自社の健康経営に関する各種施策に対する認知度は約81%となっています。
今後は、認知度の向上だけではなく、各種施策の効果測定を行っていくことで、健康経営の効果を検証し、新たな施策の追加や改善に繋げていきたいと考えています。

当グループでは従業員個々の健康度を測るため、活き生き診断を行っています。

コロナ禍におけるH.U.グループとしての社会的な責務によって増大した業務負担の影響を受け、2021年度の診断結果では「適度なストレス」について感じている人の割合が前回の74%から78%に増加いたしました。こうした状況から、2021年10月には新たにH.U.グループ健康管理センターを設置し、従業員が保健師や産業医に相談出来る体制の構築や、匿名のメール相談窓口を開設することで、ストレス増加の抑止に取り組んでいます。

また、年間を通した健康リテラシー向上のために動画研修を用いてきました。 その中でも、特に飲酒については全国平均と比べると高い数値のため、従業員に根付いた生活習慣を変えるよう毎年継続的に研修し、今後も継続的に数値改善に取り組んでいきたいと考えています。

活き生き診断の結果(抜粋) 2021年度 前回
適度なストレス 感じている 78% 74%
感じていない 22% 26%
飲酒習慣 飲まない 43% 42%
飲む 57% 58%

社員および家族のボランティア参加を積極的に支援するため、交通費の補助を行っています。

ボランティア交通費の補助

各種指標について、従業員アンケートにより、SPQ(Single-Item Presenteeism Question 東大 1 項目版)、ユトレヒト・ワーク・エンゲイジメント尺度 超短縮3問版などを用いて計測しました。
結果として、アブセンティーズムの指標として、病気による休暇取得(遅刻早退を含む)の日数はおよそ3日、プレゼンティーズムは80%、ワークエンゲージメントは活力が2.6、熱意が3.5、没頭が2.9でした。
経年での変化は以下グラフとなります。

プレゼンティーズム、アブセンティーズム、ワークエンゲージメントについて

H.U.グループは、2019年10月1日から国内各社、事業所を対象に、社内での喫煙、および就業時間内の喫煙を全面的に禁止しています。従業員に健康的で安心安全な職場環境を提供することはもとより、全ステークホルダーへの受動喫煙による健康被害を防止することが企業の責務と考えています。
本活動は、当社関係者だけでなく来所される全ての方を対象とさせていただきます。

5月を禁煙強化月間とし、禁煙パッチ、ガムなどの禁煙関連グッズの案内を行い、通年を通して、それらの購入補助を行っています。また、定期的に禁煙を啓蒙する動画配信、メルマガ、産業医講話の資料等を提供することで、啓蒙活動を実施しています。

人・組織の課題解決策を体系的に学ぶことができる「HRカンファレンス(※)2022-春-」のセッションに参加し、株式会社Avenirと共同で運営する健康管理センターについて、立ち上げから得た運用改善のヒントなどを統括産業医と共にオンライン講演を行いました。

HRカンファレンス:日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会が主催、厚生労働省が後援する日本最大のHR(Human Resources)イベント