公益信託 臨床検査医学研究振興基金

公益信託臨床検査医学研究振興基金(2003年4月公益信託臨床病理学研究振興基金より名称を変更)は1981年に創立された『臨床病理学研究振興会』の事業を恒久的に存続することを願い、富士レビオ株式会社と株式会社スぺシアルレファレンスラボラトリー(現株式会社エスアールエル)の信託財産の拠出により、厚生(現厚生労働)大臣の許可を得て1988年に発足いたしました。

それ以来、今日まで、臨床検査医学分野における若手研究者に対する研究奨励(助成)事業を実施して参りました。
また過年度において本基金(前身の臨床病理学研究振興会を含む)より研究奨励金を授与され、その後5年以上を経過し、引き続き臨床検査医学分野において優れた業績をあげている研究者に対する顕彰事業として「小酒井望賞」を創設し、1990年より実施しております。

さらに、永年にわたり臨床検査業務に従事され、とくに臨床検査室の管理運営において顕著な功績があった臨床検査専門家に対する顕彰事業として「藤田光一郎賞」を創設し、2003年より実施しております。

お知らせ