People 01

私は、探究心と野心で
ヘルスケアの未来を動かしている

E.Y.|研究開発職2020年 新卒入社

E.Y.|研究開発職

2020年 新卒入社

株式会社エスアールエル
合同会社H.U.グループ中央研究所 兼務

技術推進部 臨床開発課

保健学研究科 卒

profile

  1. 01

    現在の仕事

    すべての人に欠かせない検査を、進化させる

    大学時代、医療に関する仕事に就きたいと考えて臨床検査技師の国家資格を取得しました。その後、祖父が骨髄系の疾患にかかったこともあって、多発性骨髄腫に関する研究を行うために大学院へ進学。勉強を進める過程で、iPS細胞が臨床研究に活かされていくニュースを聞くこともあり、ゼロから新しいものをつくることのおもしろさに夢中になっていきました。

    就活では、エスアールエルの臨床検査技師職に応募しました。ただ、面接のときに研究にも興味がありますと正直に伝えていたところ、研究開発職として働いてみませんか、とお話をいただきました。H.U.グループは、臨床検査や検査薬などヘルスケアに関する複数の企業や研究所が一つになった非常に珍しい存在であるため、さまざまな見地から研究ができそうなことと、知的な探求心を満たしたいという想いから、迷った末に研究開発職としての打診をお受けしました。

    現在の主な業務は、エスアールエルにおける新規検査項目や検査機器の検討・導入です。実験・検証を繰り返し、検討レポートを作成して、新しい検査をつくり上げていきます。経験が少なくても、主体的に動けば動くほどチャンスが広がり、任せてもらえることが増えるので、積極的にコミュニケーションをとって興味のあるプロジェクトに参加しています。

  2. 02

    私のやりがい

    新しい発見があることが、何より楽しい

    入社前は、研究開発の仕事に対して、もくもくと一人で進めていくイメージを持っていました。ところが実際に働いてみると、H.U.グループは上司や先輩社員も含めて社内の風通しがよく、イメージとは真逆。たとえば研究に行き詰って相談すると、いろいろなアイデアや発想が、次々と出てくるんです。とても専門的で興味深い情報が日常会話の中でも交換されており、それによって研究が前に進むこともあります。エスアールエルの中で必要な情報が手に入らないときには、H.U.グループ中央研究所に相談して情報提供をしてもらうこともあり、グループ内の垣根がなくコミュニケーションがとれ、フレキブルに動けることは、H.U.グループならではと感じます。

    臨床検査は、予防や早期診断、さらには予後予測のどの視点から見ても必要なものですし、健常者から罹患者の方まで、すべての人に欠かせないものです。思いもよらないところから新たな発見ができたときや、検査現場でのトラブル解決に貢献できたときには「よかった!」という安心感と達成感でいっぱいになりますね。特に、新型コロナウイルスの変異を調べる検査の実験と検討レポートを担当し、その検査が導入されたときは、「世の中の役に立っているんだ」と社会的意義の大きさを実感し、喜びもひとしおでした。

    研究開発の楽しさは、新しい発見があること。これに尽きると思います。日々の地道な研究によって、謎が解明されたときや新しい発見ができたときには、思わず上司や先輩社員に話して共有したくなるほどの感動があり、しかもそれが人の役に立つものであることが、探求心を持ち続けるモチベーションになっています。

  3. 03

    今後の目標

    新しい検査をゼロからつくり、マネジメントしたい

    まずは担当している検査の研究開発業務をマネジメントできるように、経験を積み着実に成長していきたいです。全体を俯瞰して仕事を進めるためには、最新の学術論文や市場のトレンド、競合他社の動向などを掴んでいることが必要です。また、研究開発職の仲間や、実際に現場で検査に携わっている社員からの情報もとても貴重です。常にアンテナを張り、学び続けたいと思います。

    そして将来は、臨床的にも社会的にも意義の高い、新しい検査を世の中に送り出すことに関わりたいという想いがあります。そのためにまずは、新しい検査を開発するために必要なことの一つとして、ゲノム検査関連の資格取得にチャレンジし、知識を広げようと思っています。また市場に出すためには、法務や経営など今の自分には馴染みの薄い知識が必要になります。H.U.グループには、オンライン上で経営戦略をはじめとしたさまざまな講義を受けることができる仕組みもあるので、これを活用しながら、学びを深めていきたいと思っています。

    こうした努力を重ね、十分に力をつけた後に、新しい検査を開発し、市場に出すまでの全てのプロセスをマネジメントできるプロジェクトの責任者になりたいという、大きな夢を実現したいです。

私を動かしているもの

  • 発見のおもしろさ30%

    最先端の現場で最先端の知見を得たうえで、新しい発見がないか試行錯誤するのが私たちの使命。検査トラブルにおける対処法の発見などができた時の喜びは何物にも代えがたいものがあります。

  • コミュニケーション25%

    研究開発における新しいアイデアや成果は、想像以上にコミュニケーションから生まれます。いろいろな視点から意見を交換し合うことの大切さを実感しています。

  • チャレンジ20%

    常に新しいことに挑戦しようとする社風や仲間に刺激を受けています。挑戦の結果得られた成果が次の仕事へのモチベーションにつながっています。

  • スピード15%

    社内の風通しの良さが、素早い課題解決につながり、スピード感を生み出していると感じています。先輩方の対応を見て、スピードを意識するようになりました。

  • トレンド10%

    私たちが携わっている研究は、世界各国で優秀な研究者たちもテーマにしていることが多く、最新の情報に常に敏感であることが求められます。

column

ページトップに戻る