Exosome

Exosome Exosome

H.U.グループ中央研究所製
Exosome/EVs関連基盤技術
EViSTEP

高効率に再現性高くExosome回収が可能な独自技術を開発
さらに試料からのExosome回収を完全自動化


Exosome/Evs関連基盤技術EViSTEP

近年Exosome研究は、医療分野における診断・治療領域で注目を浴びており、様々なExosome回収法・回収キットが開発されています。しかしマニュアル作業が多く、データの再現性が問題になっています。弊社が開発したExosome/Extracellular Vesicles関連基盤技術『EViSTEP(Extracellular Vesicle isolation and Storage Technology Platform)』は試料からのExosome回収の現状を大きく飛躍させることに成功いたしました。
弊社固有の回収技術を用いることで、従来技術よりも高回収率を実現し、さらに再現性の高い研究データが取得可能となるExosome全自動回収機「Autoevis」によって試料からのExosome回収を完全自動化。
「EViSTEP」を通して、Exosome研究のさらなる発展に共に貢献していきませんか?
弊社の「EViSTEP」に興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せください。

What is Exosome ?エクソソームとは

Exosomeは、細胞から分泌される50~150nmΦの細胞外小胞(Extracellular Vesicles:EVs)の一つであり、血液、尿、母乳、唾液、脳脊髄液などの様々な体液中に存在することが知られています。Exosome の内部にはタンパク質、mRNA、microRNA、DNA等の情報伝達物質が含まれています。細胞外に分泌されたExosomeが他の細胞に取り込まれることで、これらの情報伝達物質が細胞間を移動し機能するため、Exosomeはがんの転移、血管新生など様々な疾患に関与すると考えられています。そのためExosome研究は、新たな治療法・診断法の開発につながる可能性が高く、非常に期待されています。

エクソソームによる細胞間での情報伝達
エクソソームによる細胞間での情報伝達
現在報告されているエクソソーム研究の領域
現在報告されているエクソソーム研究の領域

About Autoevis全自動回収機Autoevis紹介

サンプルセット後、EVs回収を完全自動化 Autoevis サンプルセット後、EVs回収を完全自動化 Autoevis

仕様

原理 抗体結合磁性粒子による抽出
サンプル
使用量
~500μL(血清, 血漿, 尿, 唾液, 培養上清など)
サンプル数 1バッチ6サンプル
時間 ~60 min

Autoevis回収原理

Autoevis回収原理
  • サンプル(検体)に自社製処理試薬を添加し、自社抗体結合磁気ビーズを加える。
  • 免疫沈降(IP; ImmunoPrecipitation)によってEVsを回収する。
  • 磁石で磁気ビーズを吸着させ、上清を取り除く。
  • 吸着物を洗浄する。
  • ❺-1磁気ビーズからEVsを溶出させ、解離したEVsを回収する。
  • ❺-2磁気ビーズ上でEVsを破砕させ、EVs内包物を回収する。

Advantage of EViSTEPEViSTEPの有用性

弊社が開発した技術「EViSTEP」を利用した実験データを示します。

EVs回収用磁気ビーズ表面上のSEM写真

EVs回収用磁気ビーズ表面上のSEM写真

EViSTEPにより、より多くのEVsが回収可能です。

EVs由来mRNAの回収量

EVs由来mRNAの回収量

EViSTEPで処理を行うことにより、未処理に比べ回収量が増大し、他キットに比べてバラつきも軽減されます。

様々な検体種におけるEViSTEPでのEVsの回収

様々な検体種におけるEViSTEPでのEVsの回収

EViSTEPは、様々な検体に対してEVs回収効率を向上させます。

血清中RNA腫瘍マーカー探索における活用例

血清中RNA腫瘍マーカー探索における活用例

検体に対する強み(他のEVs回収法との比較)

超遠心 アフィニティ ポリマー沈殿 ゲル濾過精製 EViSTEP
再現性 - ++ + ++ ++ ~ +++特に検体
純度 - ++ - ++ ++ ~ +++特に検体
検体種 ++ - ~ + ++ ++ ++ ~ +++特に検体
保存 ++
スループット 自動化 - + + + +++自動機あり

※情報なし

注)本比較表は当社独自調査によるものです。条件によって結果は変化いたしますので、各方法の性能を保証するものではございません。

EVsの保存安定化作用

EVsの保存安定化作用 EVsの保存安定化作用

EViSTEP × H.U.Group TechnologyEViSTEP × H.U.グループ中央研究所の技術

EViSTEPと弊社が所有する他のTechnologyと組み合わせることで、
皆様のExosome研究に更なる発展を提供いたします。

※本技術は研究目的のみに使用可能です。



EViSTEP技術 × H.U.グループ中央研究所の技術

事業・アライアンス/パートナーシップモデル

1. Collaboration Discovery and Development - 共同探索・研究開発
  • ・抽出と解析
  • ・バイオマーカー探索
  • ・Liquid Biopsy / CoDx
  • ・機能性EVs, 改変EVs
2. Technology Transfer and Consulting - 技術ライセンス・コンサルティング
  • ・H.U.グループ技術・IPのライセンス、移管
  • ・受託解析・独自測定系の構築
  • ・検体採取(採血)・前処理からの研究計画策定支援

Collaboration共同研究

Baylor Collage of Medicineとの研究

H.U.グループ中央研究所(旧 みらか中央研究所)、Baylor Genetics Laboratories、ベイラー医科大学によるリキッドバイオプシーに関する共同研究契約締結のお知らせ [PDF:607KB]